商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

TOMOUMI ONO N0.17 "tops"

¥ 23,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,771円
    • 東北

      • 青森県 1,339円
      • 岩手県 1,339円
      • 宮城県 1,231円
      • 秋田県 1,339円
      • 山形県 1,231円
      • 福島県 1,231円
    • 関東

      • 茨城県 1,123円
      • 栃木県 1,123円
      • 群馬県 1,123円
      • 埼玉県 1,123円
      • 千葉県 1,123円
      • 東京都 1,123円
      • 神奈川県 1,123円
      • 山梨県 1,123円
    • 信越

      • 新潟県 1,123円
      • 長野県 1,123円
    • 北陸

      • 富山県 1,015円
      • 石川県 1,015円
      • 福井県 1,015円
    • 東海

      • 岐阜県 1,015円
      • 静岡県 1,015円
      • 愛知県 1,015円
      • 三重県 1,015円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,015円
      • 京都府 1,015円
      • 大阪府 1,015円
      • 兵庫県 1,015円
      • 奈良県 1,015円
      • 和歌山県 1,015円
    • 中国

      • 鳥取県 1,015円
      • 島根県 1,015円
      • 岡山県 1,015円
      • 広島県 1,015円
      • 山口県 1,015円
    • 四国

      • 徳島県 1,015円
      • 香川県 1,015円
      • 愛媛県 1,015円
      • 高知県 1,015円
    • 九州

      • 福岡県 1,123円
      • 佐賀県 1,123円
      • 長崎県 1,123円
      • 熊本県 1,123円
      • 大分県 1,123円
      • 宮崎県 1,123円
      • 鹿児島県 1,123円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,609円

    ※海外への送料は別途発生します。

※20,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

TOMOUMI ONO

シルエットが特徴的なトップス。
シンプルながら程よく個性のあるデザインです。

[サイズ]
38
身幅44cm
着丈55cm
裄丈33cm

[マテリアル]
コットン78%
ポリウレタン22%

[プライス]
¥20,000+tax


[ブランドプロフィール]

_____________________ トモウミ オノ
(_____________________ TOMOUMI ONO)は、日本のウィメンズファッションブランド。
デザイナーは、小野智海(オノトモウミ)が務める。

美術や文学に根差したコンセプチュアルな側面と、クチュール的な経験に培われた感覚が融合するウェアを展開。

服作りは、平面的ではなく立体的。また、メンズのテーラードアイテムを女性的な柔らかなシルエットで作ることや、カジュアルなアイテムにクチュールの本格的な技法を作ること等、対比的な手法も取り入れている。生地をあえて伸ばしたり、デフォルメして使用し、マテリアル本来が持つ可能性も追求。

文化服装学院で洋裁の基礎を学び、その後、ファッションへの論理的なアプローチを試みるため、東京芸術大学に入学。古典から現代への美術の歴史や美学といった美術理論を学んだ。

その後、オートクチュールの技術を学ぶために、渡仏し、パリのオートクチュール組合学校で立体裁断の技術や仕立てを学び、ルフラン・フェラン(Lefranc Ferrant)や、メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)のコレクションラインで経験を積み、帰国。自身のブランドを立ち上げる。

ブランド名を持たず、黒い棒線又はアンダーラインで表記される。
省略形として、_ トモウミ オノと表されることもある。

なお、ブランド名の「_」は、「ブランド名のないブランド」を表している。

http://tomoumiono.com/